2019.07.16

大和郡山考(1)

私は奈良県の大和郡山市で生まれました。父が銀行員であったため転勤が多く、住んでいたのは7〜8年しかありません。故郷ではあるのですが、懐かしいと思う気持ちが薄く、その分客観的に見てしまいます。もちろん悪い町ではありません。交通の便もJR、私鉄、高速で車と、いくつか手段を選べるので、一人住まいの母親の元には月に二回ほど様子を見に行きます。ただ、多感な小学生高学年から高校生までを過ごしていないので、ふと物足りなさを感じる時があります。何か気づいたことを書き留めれば、自分の立ち位置も変わるだろうと考え、思ったままを書いていこうと思います。

奈良に美味いもの無し。よく聞いた言葉です。

大仏など、黙っていても観光客が来る。その為粗悪な食べ物を出しても、もう二度と来ない客だから構わないということだったと思います。しかしいつからでしょう。奈良町などが雑誌に載るようになり、西宮にはかなわないでしょうが美味しい所もできて来ました。大和郡山にもこれならという店がいくつかあります。

ここは野菜が美味しいカフェです。 大和野菜のランチというのがおすすめです。公的な補助が出ている施設と聞きましたが、そのせいでしょうか。550円はびっくりです。付け合わせや他のメニューは学校の給食のような雰囲気もありますが、この野菜だけは別物です。これだけでもわざわざ行く価値はあると思います。

柳町商店街の中にあります。
料理の見た目はなんですが