2019.07.10

歯ブラシの選び方(3)ディープクリーン歯ブラシ 花王

いくつかタイプがあるのですが、その中でもぎっしりプレミアムのやわらかめを選びました。1番の特徴は、毛先がナイロン繊維ではなく飽和ポリエステル樹脂、つまりタッパ容器などに使われる軟らかいプラスチックで出来ているということです。そのため、磨き心地が他のものと違います。毛先がしなるため、汚れを掻き出す力は弱いようです。これはやわらかめを選んだせいもあるでしょう。ただいい面もあります。それは歯の根元や歯ぐきを痛めにくいことです。中高年で歯周病を患っている人は、ブラッシングの時間も大事です。あまり清掃効率のいい固い歯ブラシは危険かもしれません。この歯ブラシはバス法よりローリング法に向いているでしょう。その場合、材質のせいか持ちがいい気がします。へたりをあまり感じないのです。虫歯予防と違って、ハーブの入ってる歯磨き粉などを選び、毛先に少量つけて長時間磨く。そんな使い方を試して下さい。