2018.06.03

ライブ

ダイエーの三階のダックさんにコーヒーを飲みに行ったらギターの弾き語りのライブ中で、日頃にはないことなのですが真正面に席を取りました。偶然にも、歌っておられる方が患者さんで、びっくりしながらも楽しんできました。日常に音楽があるのは素敵なことですね。

続きを読む

2018.05.28

初夏 ツバメの巣立ち

医院のビルの一階の宝石店のフードの中で、ツバメが子育てをしています。去年も同じ場所で巣作りがあったのですが、途中で親鳥が巣を他の場所に変えたようです。彼等のリベンジを見守るのはいいのですが、問題もあります。ヒナもそうですし、親鳥もフンを辺りに落とします。ガラス戸も汚れるため、毎朝掃除です。でも今朝巣立っていったようです。面倒ですが、来年も戻ってきて下さい。

続きを読む

2018.05.11

やなせたかしさんのイラスト

やなせさんの作品を若い頃から紹介した本です。アンパンマンに至るまでの絵の変化が良くわかります。時代に影響され、あるいは時代のイメージを作った作品です。一つの作品を見ることによって、流行ったファッションや、その頃の自分を思い出すことができる。やはり力があります。

続きを読む

2018.04.11

満島ひかりさん似

シャンソンのCDを貸していただきました。ジャケットの絵がインパクトがあります。これを描いた中原淳一さんという方を私は知りませんでした。ただこのレトロな雰囲気は、私が認識していなかっただけで、いろいろなところで目にしていると思います。最近でも、この方の作った人形が売り出されて、それを買い占めた人がいると話題になっていました。ところでこの絵を見た時から気になっているのですが、私には満島ひかりさんを描いたように見えて仕方ありません。黒柳徹子さんの役を演じた時の雰囲気がまさにこういう感じです。いっそのこと、満島さんがシャンソンを歌うというアルバムがあればとも思います。音楽アルバムのデザインというのは面白いもので、若いころに聞いたレコードやCDのジャケットなどは、見ただけで曲がよみがえってきます。最近の若いアーティストのものは、主に携帯の小さな画面で見ることが多いと思います。しかしその制約の中でも、鋭い感性のものがあります。時代を凝縮しているようです。

続きを読む

2018.03.13

ニフレル

吹田にある水族館、ニフレルに行ってきました。最初、娘から名前を聞いても中々覚えることができませんでした。それに込められた意味がわからなかったのです。しかし実際に行ってみると、直接動物には触れることはできなくてもその意図は良く分かります。展示の仕方が一つ一つ良く練られていて、変わった感覚が呼び覚まされます。その生物が住んでいる環境にできるだけ近づけようとするのが従来の水族館のスタイルだったのですが、

そうすると観察し辛く、結局は飽きてしまうということがありました。ここの展示は違う視点から見ることができ、最後のスーベニアショップまで楽しむことができました。

続きを読む

2018.02.14

零下8度

娘がスノーボードがしたいというので、六甲山に行ってきました。娘は初めてなので、スクールに入るといいます。私自身は25年ほど前にかじったきりです。一緒にやるのは嫌がられるだろうけれども、習ってみたい気持ちはありました。しかしケーブルの駅に着いた瞬間、あまりの寒さにその気持ちは萎みます。スキー場に着いて暖かいものを飲めば、少しはヤル気も出るかと思ったのですがダメでした。暖房もあまり効いてなく、なにより体が雪山の感覚を忘れています。快晴で、それまでに降った雪が低い気温でサラサラになっています。滅多に見られない絶好のコンディション。ゲレンデも空いていたのにただ見ているだけでした。ただ、今回バスから見ている道路は路肩以外は雪はありませんでした。ノーマルタイヤで行けるのなら、と少しその気になっています。

続きを読む

2018.01.15

オリンピックセンター

年末に所用があり、東京に行ってきました。家族と一緒で、しかもかなりの荷物を運ぶ必要があリます。そうなると車で行くかという話になり、一泊して無理をせず行こうと考えました。朝早く出れば渋滞を回避できるという読みです。宿泊場所の条件としては、料金が安く東名から近いことです。そこで東京オリンピックの選手村の跡地に建てられた施設に泊まりました。簡素な部屋ですが、敷地がゆったりとしていて眺望が開けているため、ビジネスホテルなどの押し込められたような感じはありません。朝に隣にある明治神宮に参拝して、ぐるっと代々木公園を巡ってきました。人も少なく、のどかな朝を満喫してきました。

続きを読む

2018.01.02

不思議なアトリエ

ずっと前から気になっていた建物があります。阪神の打出の付近を歩いていてふと思い出し、そこへ向かいました。鉄の柵を多用した建築で、昭和初期のものかと私には感じられます。改めて見ると、その柵が装飾なのか、何かを逃がさないための実用のものなのかがよく分かりません。中庭があり、例えば猿などをそこに飼おうとすれば、ぴったりくるような空間です。ぼんやりと建物を眺めていたら、持ち主の方がちょうど鍵を開けてはいられるところだったので、思い切って声をかけてみました。そうするとここは元々アトリエで、現在は物置として使っていると教えていただきました。中庭には鯉を飼っていたので、柵には鳥よけの意味もあったそうです。入口の上に掛かっていた額を見ると、アトリエ 天王寺谷とありました。向かいのお家の表札に天王寺谷とあったので、そちらが持ち主の方なのでしょうか。あとから検索をすると天王寺谷省三という画家がおられたそうです。もしかするとここがアトリエだったのかも。そうすると不思議な雰囲気も納得がゆきます。

続きを読む

2017.12.02

アロマオイル。ブレンドのレシピ

久しぶりにアロマオイルを調合してみました。一時期興味があり、かなりの種類のオイルが残っています。今まで使ったことがない香りをと思い、パチュリを選んでみました。単体では野生的な臭いです。土のにおいと言ってもいいかもしれません。これでは優しいにおいのものでは負けてしまうと思い、アロマの本に相性がいいと出ていたセージと合わせました。セージも癖が強く、使いづらいオイルだと思っていたのですが、二つ混ぜると、別物になりました。なんというか、スパイシーでありながら深い香りです。等量でミックスしたのですが、少し甘い匂いをと三倍料のラベンダーを入れました。最初はラベンダーの香りが勝ちますが、数時間立つと変化してきます。最後まで残るのはパチュリのようです。

続きを読む

2017.11.08

娘の個性

娘は迷っているようです。私もそうなのですが、彼女も二面性を持っています。本人曰く、行動力は人に負けないとのことですが、うーん、どうでしょう。この年齢になって初めてわかったのですが、その能力は燃費が悪いのです。日によってムラがあり、日常生活では持て余すこともある能力だと思っています。でももう一つ、娘が持っているのに気づいてない能力があります。それは地道な努力でコツコツと積み上げていくものです。一度習得して仕舞えば、相手との相性や自分のコンディションに関係なく発揮出来ます。そのことで得られる他者からの評価は、仕事での大きなモチベーションになります。しかし問題は、自分のものにするのに人より時間がかかることです。ですから私たち夫婦も、じっくりそれを見極めて肯定してやることが出来ませんでした。今東京に住んでいる彼女に、それをどう伝えるか悩みながら、吉祥寺、下北沢、浅草と二人で東京を堪能しました。

続きを読む