2017.07.23

クレヨン

新色追加です。なかなかいい感じです。

続きを読む

2017.07.22

夏の花

暑い中、なんとも涼しげです。立葵でしょうか?若い頃、太宰治の墓を訪ねたときに咲いていたのを思い出しました。そういえば夏休みでした。フットワークが軽かった頃です。

続きを読む

2017.07.21

西宮

こういうものがさらっと残っているのは大したものだと思います。レンガの煙突は何の為なのでしよう。

続きを読む

2017.07.20

海が見える

労務局に用があり、西宮浜に来ました。今の季節は最高ですね。昔流行った曲が頭の中で流れました。

続きを読む

2017.07.19

蝋梅

こんな厚い葉がつくとは思っていませんでした。これならしっかりと栄養を蓄えれるでしょう。

続きを読む

2017.07.16

英検2次試験

先週のことですが、英検の2次試験の面接がありました。本格的な試験というのは本当に久しぶりです。周りが若い方ばかりなので、自分は落ち着いていると思っていたのですが、錯覚でした。緊張ですべてが飛んでしまった気がします。どこかに、落ちてもいいと甘えがあったのかもしれません。もう一度緊張感を持てるように頑張ります。

続きを読む

2017.06.24

奈良のトマト

親戚の方にいただきました。完熟している為、輸送中に傷んでしまい、出荷出来ないそうです。品種はわかりませんが、トマトジュースの塊を食べているような気がします。

続きを読む

2017.05.14

三重県熊野市のお菓子

よく行くフリースペースは面白い所で、時々誰が食べてもいい差し入れが置いてあります。今回いただいたのは、「うぶた俵」と言うかなり大きな最中の様なお菓子です。これだけのサイズなので、中身は餡だけではないだろうと思っていましたが、案の定餅も入っていました。この餅が皮と餡のつなぎになって、口の中の水分が全て吸い取られる感じがありません。私はものを食べた時の触感の違いが気になる方です。例えばタルトの上にフルーツが乗っているのは好きではありません。折角のタルト生地のサクサクした感じが果物で柔らかくなってしまい、台無しに感じます。タルトには焼いたリンゴや砂糖漬けのチェリーなど、水分量の接近したものが良く合うと思っています。そう言えば、ジャムクッキーにも不満があります。クッキーとジャムは相性がいいはずなのですが、売っているものはタレるのを防ぐ為なのか、水飴の様な歯にくっつく感じがクッキーの食感を邪魔して楽しめません。うぶた俵はちょうど良い配分でアンコの美味しさも堪能しました。

続きを読む

2017.04.30

スポーツの季節

暖かくなって、なまっていた体を何とかしようと思ってもまとまった距離を歩けません。健康の為に歩いているのに疲れ過ぎては本末転倒なので、仕事で疲れた時には家と医院の往復で4000步がせいぜいという日も多いです。週末の練習に少しは備えたいと思っていても、なかなか心身共に余裕を持つということは難しいものです。私は1993年に、友人達と始めたサッカーチームに所属しています。経験者がいないという、本当の草サッカーチームで、24年経っているのに素人のままです。逆に言えば、こんな何処の協会にも加盟してないチームがずっと続いているというのは奇跡的で、幹事をしてくれているリーダーには本当に頭が下がります。とはいえ、相手も含めて22人揃える事は難しく、現在はフットサルを中心にしています。月二回、土曜日の夜9時からポートピアのフットサル場で練習です。私はなんだかんでさぼり、実際は月に一度、しかも1時間だけの参加です。年齢と共に、汗腺がへって来たのか、特に下半身に汗をかかなくなってきています。その為に、クーリング機能が落ちており、熱が体にこもるようになったと自覚しています。実は何年か前に、昼間ですがサッカーの練習中に熱中症になり、救急車で運ばれた事があるので、この頃は家族にも言われ、自重しているのです。チームのメンバーは私より10歳若く、相手チームにいたっては25歳ほど離れているので、ハッキリ言って私はお荷物です。この冬の練習試合では、何度も味方の絶好のパスに追いつけず、チャンスを潰して凹んでいました。しかしこの頃自分の歩き方の変化に気づいてきています。今迄のように足を引きずることがなく、左右の親指に力がかかってきました。ひょっとしてと思って、この感触を頼りに練習に行ったのですが、いい感じです。チームメイトのセンターリングが良かっただけなのですが、ヘディングでゴールを決める事も出来ました。以前とはどう違っているのか、一度機械で足裏の重心のバランスを調べてみようと思っています。

続きを読む

2017.04.23

恋の季節

朝、公園を歩くと、鳥のさえずりが聞こえてきます。かなりにぎやかで、冬とは違って何か艶めいた声に感じます。ホトトギスも練習中なのか、ホーホケキョが崩れたような、けれども一生懸命な声が彩りを加えています。花が終わった桜のように、どの木にも虫が付くのでしょう。幹にびっしりと張り付いたのを見ると、思わず後ずさりしますが、新緑の季節は毛虫の季節でもあります。それを目当てに繁殖の為にパートナーを呼んでいる求愛の歌。何処に巣を作るのでしょう?私は何故か親鳥が雛に餌を与えるビデオが好きで、you tube を飽きずに見るのですが、一度近くでじっくりと観察したいものです。

続きを読む