2019.03.10

歯磨き粉の選び方(1) シュミテクト コンプリートワンEX

外国生まれの歯磨き粉、シュミテクトの数あるシリーズの中の一つです。入っている成分は下の通りです。
シュミテクトという名はテレビコマーシャルで知っている方も多いでしょう。歯がしみるのを防ぐというのが、キャッチフレーズです。成分を見ると、他の歯磨き粉にはみられない硝酸カリウムというものが入っています。これが主となって知覚過敏を抑えます。歯の内部に浸透したカリウムイオンが神経の末端を鈍化するようです。本来シュミテクトは、歯を痛める可能性のある研磨剤は入れたくないでしょうが、このコンプリートEXは清掃剤として含水ケイ素(ツインシリカ) が入っています。これは粒子の細かい研磨剤のようで、歯を削る働きは少ないのでしょう。その他では、絵の具などに入っている、着色料である酸化チタンが入っています。これにも少し研磨作用があると思いますが、同じく粒子が細かいらしく、歯磨き粉の舌ざわりは滑らかで、ざらつき感はありません。味というか、香りはダブルミント、つまりペパーミントというスペアミントです。ペパーミント単独よりマイルドな感じで、外国製品によくあるエグさなどはありません。フッ素は高濃度で、1450ppm。おすすめできる歯磨き粉の一つです。

続きを読む

2019.02.22

歯磨き後のすすぎはどうする

歯磨き粉に含まれるフッ素をできるだけ薄めたくないために、一回だけのすすぎが推奨されています。ふーん一回だけ、、。昔は歯ブラシ命!という考え方が流行っていて、若干宗教的なものも感じたのですが、理論は変わってきています。頭を切り替えていきましょう。力を入れず、朝晩二回(できれば昼食後も)。たっぷりと歯磨き粉をつけて〜。でも食べカスが一回のすすぎで取れない人はどうする?どうしましょ。歯医者に行くべきかも。

続きを読む

2019.02.21

診療室のBGM

診療中に流す音楽の選択も、私にとっては治療を支える大事なもののひとつだと考えています。ヒーリングミュージックなどの緩やかな曲ばかりではなく、アップテンポのものも多く選んでいます。ジャンルは幅広くと考えています。いただいたCDや、図書館から借りたものなどからコピーしてますので、童謡やワールドミュージックもあります。ブルートゥースのスピーカーを購入しました。前のシステムでは古いiPod しか使えず新しい曲を入れるのに苦労したのですが、これでapple music から自由に選ぶことができます。著作権のからみから、あくまで私個人の作業用BGMと考えていますが、おすすめの曲があれば教えて下さい。

続きを読む

2019.02.14

腸活

昼食は外で取ることがほとんどなので、バランスの良い食事というのは難しいことかもしれません。最近食べたのはこれです。近くのコワーキングスペースのコワクラでは1日シェフの日というのがあります。この日はルーロー飯でした。この方の作られたスープは何か体に染み渡る味ですね。干し海老と貝柱の豆乳仕立てのスープに、黒酢が入っています。丼もスパイスが効いているのであっさりしています。来週は台湾おにぎりですのでそれも楽しみです。

続きを読む

2019.01.16

食後すぐの歯磨きは本当によくないのか?

テレビやウェブ上で、食事をしたあとすぐに歯磨きをすると危険だという記事をよく見ます。食べ物の酸によって歯が柔らかくなっているので、その時に磨くと歯を削ってしまうという主張です。そうなのでしょうか?確かに食後30分ほどの唾液の酸性度は上がっています。ただその時溶けだしたカルシウム分は、その後唾液から歯に戻ります。その間の歯のダメージをリアルタイムで観察したという論文は見たことがありません。ワインや酢が歯に悪いというのであれば、直接当たる前歯の前面がやられそうですがそんなこともありません。結局食べ物で歯が溶けるというのは、イメージの問題ではないでしょうか。虫歯が始まるのは、歯と歯の間にできたヒビ、そして歯ぐきの際にベットリと着いたバイオフィルムの下です。この二つを防ぎながらフッ素を浸透させるためには、昼食後の歯磨きも重要です。食後は唾液量が多いのでフッ素濃度が下がる恐れがありますのが、限られた時間しかないのであればしょうがありません。私は患者さんに、最低朝晩二回しっかり磨いていただければ大丈夫なような口の中にしたいと話していますが、口臭に関しては、お昼の後にも磨いてもらえればありがたいと思っています。

続きを読む

2019.01.11

2019年

今年の目標はいろいろあります。調整を早く出来るようにしたい。説明をもっと上手くやりたい。しかし挑戦も必要なことがあります。去年から母校に通い始めました。そこから得た知識を、このホームページ上でまとめることも大事だと思っています。すべて患者さんとの二人三脚。よく話を聞かなくては。
写真は1月中待合室に飾る富士山の絵です。愛知県に和紙で有名なところがあります。これはそこの作家さんのもので、和紙を漉いてつくってあります。

続きを読む

2018.12.27

休診のお知らせ

29日から4日まで休診です。

続きを読む

2018.12.22

22日の午後は休診です。

22日、土曜日の午後は休診です。今年の診療は25日、27日の2日間、28日から4日までは正月休みとなります。

続きを読む

2018.11.14

患者さんとの何気ない会話で気づく

右上の奥歯が痛むという治療でした。外から見てもレントゲンでも何も問題がなかった歯なのですが、銀歯を外すと大きなむし歯がでてきました。神経ギリギリのところでセメント系の詰め物をして、症状を抑えることができたのは、患者さんがいいタイミングで来てくださったからだと思います。ひとつは再発を防ぐ為、またもうひとつ左の関節の異音が気になっていたので、痛んだ歯とかみあっている銀歯を調整していました。反対側の歯ですが、関係しているのかもしれないと考えたのです。そんな時に患者さんが言われるには、何年か前に自転車で転倒し、左の顎を強打したことがある。そしてその後、すごくガクガクしたが二、三か月で少しマシになり、今に至っているそうです。左の上下の歯は治療がされてないためノーマークだったのですが、よくよく見ると、下の歯の舌側の溝に薄っすらと古いプラスチックがありました。これを取り除くと、口の開け閉め時の雑音はすっかり消えました。煮詰まっていた私には、天の声です。問診だけでなく、何気ない会話が大事だと痛感した次第です。少し肩の力を抜いていく方が良いのか?難しい話です。趣味のDIYをしながら考えています。

続きを読む

2018.10.24

金属アレルギーについて

徳島大学に金属アレルギーについて詳しく研究されている方がいます。いろいろと参考になる話を聞きましたが、その内の一つです。私は金属の土台に関しては、その上をプラスチックやセラミックで覆うのだからそのまま残しても問題ないだろうと考えていたのですが、そうではないということです。当初はいいのだが、やがて症状が再発してくるそうです。金属イオンは非常に小さく、また溶質しやすいため、どんなに上のものを精密につくっても簡単に出て行くのでしょう。これからは認識を改めないといけません。

帰りに近くの駅まで歩こうとしたら、学生時代からある建物が残っているのにびっくりしました。当時からレトロな感じでしたが、改めて調べてみると大正時代の建築だそうです。しかも徳大生の下宿だったこともあるそうです。こうしてみると、気づかずに過ごしていたことが多く再発見もまた楽しみです。

続きを読む