2017.08.29

古いプラスチックの詰め物

重度の歯周病の方です。前歯が一本抜け落ち、他の歯もどんどんやられるのではと、心配していた症例です。かなりのヘビースモーカーの方なので、当初はその影響だと考えていました。けれども顎の動きを見ると、何かしっくりこない感じがします。その部分の歯の溝を見ると、表面の光の反射が僅かに違うところがあります。おそるおそる低速の器具で削ると、歯と感触が違います
粉から推測すると、どうも古いプラスチックのようです。昔、歯の溝はムシ歯になりやすいので、出来るだけ詰め物に替えるべきだという考えがありました。その頃の治療でしょうか。何ヶ所かそれを剥がしていってますが、全体の症状も少しずつ改善してきました。ただ、一回の治療で進むのは、百分の数ミリ。歯を痛めないように行うのは神経を使います。

続きを読む

2017.08.28

顎の音の原因

初めての患者さんです。銀歯が痛い、噛み合わせが悪いということで来られました。確かに銀歯の形も気になるのですが、口の開け閉めをしてもらうと顎が横にずれ、コクッと大きな音がします。見せていただくと、一本だけ残った親知らずが伸びてきて、下の銀歯と干渉している様です。初日は明らかな銀歯の高い部分だけを調整して、次回親知らずの抜歯から始める予定です。

続きを読む

2017.08.22

難しい症例

28本の歯が残っていて、一本も欠けていない方です。ただ、全ての歯の神経が抜いてあり、全部にクラウンが被さっています。そうなるともともとの歯並びと大きく変わってしまいます。この方は、標準的な広い半円形にアーチを変えておられました。あちこちの歯が腫れたり、外れたりで対応に追われていたのですが、ひょっとしてアーチの不一致ではないかと考え、日本人に多い馬の鞍のような曲線を描く様に現在歯並びを改造中です。まだおぼろげにしか着地点が見えないのですが、強い開口障害は減ってきました。

続きを読む

2017.08.14

今日抜いた親知らず(出血があります)

左の下の親知らずです。長い期間をかけて、前の歯(神経の無い歯)を削り、仮歯に替え、抜く時に引っかから無いように準備をしてきました。それでも麻酔が効きにくいのと、事前に予測したように膨らんだ根の形の為、トータルで30分程かかっています。ただ骨を割ったりしていないので、痛みが少なく済んでくれると思います。

続きを読む

2017.08.09

改善が見られたケース

この方は、神経の残っている歯が2本しかなく、だんだんと奥歯、前歯ともにやられて来てます。どうしようかと途方にくれるケースです。患者さんの治療への熱意におされ、何とか小康状態まで持ってこれてはいたのですが、それがいつまで続くかは自信がありませんでした。ただ最近左奥の入れ歯を作り直す機会があり、歯並びの配置、特に縦方向のカーブを大幅に変えてみたところ、顎の動きが変わり、前歯を今までと違う形に彫刻することができました。経過は順調なようです。右も同じ感じにできれば、長期の安定が可能かもしれません。

 

続きを読む

2017.08.08

難しい症例

奥歯に御自分も神経の残った歯同士の噛み合わせがない場合は本当に悩みます。今迷っているケースの方は、右の糸切り歯の上下ひと組以外、全て後から造られた噛み合わせです。安定せずどんどん下顎が上の前歯を削りとる様になってしまって前歯の適正な形がとれません。奥歯をどういう配置にしてどう組み合わせればいいのか?毎日考えています。

続きを読む

2017.07.17

暑さ

この連休はゆっくりと体を休めることが出来ました。いきなり暑くなったため、体が適応していなかったのか、疲れが取れない気がしていました。治療に必要なものは気力とアイデアです。ですから私は、充分に休息を取ることは非常に大事だと考えています。窓の外の緑を眺めてゆったり。至福の時間です。

続きを読む

2017.06.14

今日抜いた親知らず(出血している写真があります。)

左下の親知らずを抜きました。。下の顎に生えている親知らずは骨に埋まっている事が多く、いつもは専門の先生に抜歯をお願いします。この歯に関しては、事前のレントゲンによる診断で抜きやすいだろうと予測できました。実際にかかった時間は三分以内。根の先端のカギの様に曲がった部分が無ければ、もっと楽だったはずです。この歯を抜く前に、上顎の親知らずを抜きました。そのせいか、かみ合わせるものがなくなって少し伸びてきたようです。上の七番の歯と変に当たる為、高さを削りながら調整していました。しかし前の歯との間に食べ物が詰まるようになり、痛みが出てきたので、抜くことにしました。術後驚いたのは、口がすごく開けやすくなったと言われたことです。奥歯の銀歯を外したり、古いプラスチックを調整して状態は少しずつ改善していたのが、一挙に好転したようです。元々は頭痛とかみ合わせの関連を疑って来られた方でそちらの症状も無くなり安心しています。

続きを読む

2017.05.21

低価格の歯ブラシ

今回は100円ショップで手に入る歯ブラシを、二週間使った感想を書きます。普通の硬さを使いましたが、全くへたった感じはありません。その分、使い始めはやや硬すぎるので、歯ぐきを傷つけない様に注意は必要です。形は山切りカット。歯と歯の間に毛先が入るのを意識しているのですが、あまり効果はないようです。歯と歯の間の汚れがしっかり取れる為には、形よりも毛先のしなりと弾力性が必要です。その点では、例えばバトラーの#211の使い始めて一週間以内のものと比べたら落ちます。しかし三本で100円のものとは全然違っていますし、日本製であることもあり、これ一本で一か月それなりに使用できると言うのは、わるくないでしょう。これには携帯する為のカバーも付いています。昼休み、食後に歯磨きと言う習慣が折角浸透して来たのに、「食後すぐ歯を磨いてはいけない」という間違った考えに水をさされた感がありますが、気にせずに外出先でもどんどん磨いてください。

続きを読む

2017.05.07

100均ショップのデンタルフロス

100円ショップでは本当にいろいろなものが手に入ります。デンタルケアグッズも豊富で、品質的にも問題ないものが増えてきています。私の近所のショップでは欠品になって長い間置いてないのですが、他所で見かけると、ストックとして買うのがデンタルフロスです。普通に手に入るものとの金額の差が大きく、お買い得感があります。ワックスタイプで少し太めですが、使用上は気にならなくなります。ようじとセットになった様な短いプラスチックで両端を留めたものがありますが、お勧めはしません。歯の間に入れる角度が限定される為うまく食べカスが取れませんし、歯肉に傷をつける恐れもあります。口臭に対しては絶対に効果がありますので、是非試してみて下さい。

さて、デンタルフロスについて、歯科従事者に衝撃なニュースがありました。アメリカ政府が虫歯と歯周病に、フロスが効果があるとは認められないと発表したのです。これは、根拠となる論文のレベルが貧弱で、政府として責任が持てないと言う趣旨なのですが、それにしてもびっくりです。アメリカ歯科協会のHPには1日2回の歯磨きと一回のフロスを推奨すると載っていますが、日米どちらでいいので、大規模な追跡調査を行って欲しいです。もちろん要請があれば喜んで協力します。私個人の意見としては、例えば、不適切なかみ合わせによって歯と歯の間にヒビが入りそこから虫歯が始まる場合、ヒビの中の細菌に対してはフロスは無力です。ですからアメリカ政府の考えも理解できます。固定観念にとらわれず、論理的に考えることが必要です。

続きを読む