2017.05.04

少し硬いか? リーチ歯ブラシ

ひと昔前にCMをしていたので、名前を聞いたことのある方も多いと思います。特徴としては、コンパクトなヘッドであること。そして柄が斜めになっていて、奥の歯に届きやすいことです。毛先も二種類のブラシで包みこむような工夫がされています。確かに最後臼歯の奥の面はデンタルフロスがないとプラークが取れにくいのですが、この歯ブラシは的確に毛先が届きます。しかし下の第一大臼歯の外側などは、むしろ真っ直ぐな方が磨きやすいかもしれません。グリップがいいことも合わせて、一本一本、丁寧にと言うのがこの製品のコンセプトでしょう。歯と歯の間の歯ぐきにも届きやすいのですが、かためを買ったのは失敗でした。私の年齢になると、歯ぎしりなどで歯ぐきが下がりやすくなります。硬い歯ブラシですと、歯と歯ぐきの境目を磨く時にどうしても弱い部分の傷つけたり、すり減らしたりしてしまいます。それを防ぐ為にはもう少し柔らかいものがいいのですが、そうすると能率が落ち、時間がかかります。歯医者としては、できるだけ丁寧にと言いたいところですが、手間がかかり過ぎて毎日続けれなかったら、意味がありません。夜に、電動ブラシで磨いた後、これの普通の硬さで1分仕上げてもらえればと思います。

続きを読む

2017.04.25

塩味の歯磨き剤

私はカムテクトを愛用しています。最初は特に気にいった訳ではありません。たまたま試供品を何種類かもらい、その中でこれを選びました。いまさらながら成分を見て、あれっと思ったのですが、塩は入っていません。香料と重曹のせいなのか、ずっと塩味だと思っていました。これで毎日磨くと、塩分の取り過ぎになるのではないかと、高血圧の心配をしていたのに、思い込みによる取り越し苦労でした。重曹は、研磨剤として使われています。ただ量は少なく、舌にざらつく感じはありません。味は好みの分かれるものですが、発泡剤が入っていないので長時間磨くには適しています。グラクソという外資の会社の製品なので、フッ素は現在の上限の930ppm入っています。日本の会社の製品は多くが500ppmほどです。夜間は唾液が減少するので、虫歯予防の為には充分な濃度が欲しいところです。最近、厚生省から通達があり、今後日本国内のフッ素濃度の上限も、海外と同じ1500ppmとなります。ただ小学生低学年以下の子供には500ppm以下が推奨されていますので、使い分けが必要です。私はこのペーストは、大人が夜寝る前の歯磨きに適していると考えています。

続きを読む

2017.04.14

履いては危ないはき物

100円ショップで購入したものです。うちの医院は二階なのですが、三階に機械のメインスイッチがあり、毎日往復しています。つま先に1センチほど余分があるのがわかるでしょうか。これが曲者です。階段の滑り止めの縁に引っかかって何回転びそうになったことか。底が薄く、足底のアーチを打ち消してしまうため、足が上がっていないのだと思います。

このタイプですと、足元も少ししっかりします。年齢がゆくと、靴選びが重要なことがわかります。
(さらに…)

続きを読む

2017.02.25

患者さんと共有するカルテ

治療計画や、現在の口の中の説明をしようと思っているのに、あっちこっちに話が飛んでしまって、何を言いたいのかよくわからない。私自身の話べたを自覚をしております。ですから、最近こんなことを始めました。あらかじめ、レントゲンやカルテの記載から、問題点や改善されてきたこと、そして治療方針などをイラストも交えて書くようにしています。これを患者さんにお渡しするのです。従来、用意した設問にチェックを入れるだけだったのですが、どうもこちらの方がわかってもらえていると手ごたえを感じています。またカルテでは書ききれなかった情報を、改めて確認できるため、ふといいアイデアを思いつくこともあります。試行錯誤はあると思いますが、いい形に持って行きたいですね。

続きを読む

2017.02.11

バトラーの幅広ブラシ

最近バトラーは、小振りなヘッドのものばかり出していたのですが、とうとう幅広タイプを出してきました。ですが、ライオンの贅沢ビトゥーンやエビスとはかなり違います。他の歯ブラシは、毛先を細くして、歯ぐきとの隙間に入り易くしているのですが、これはスタンダードの♯211をそのまま大きくした感じです。ですから、柔らかめでも、他社の普通と同じ硬さに思えます。ですから、少し歯ぐきが下がってきている私には、圧力がかかり過ぎるのではと、心配になりました。ですが、説明によると介護にも適していると書いてあります。そう考えると、この型、その硬さがちょうどいいのかと思えます。

 

続きを読む

2017.02.02

薄い入れ歯に対する配慮

この方は、右下の奥歯と左上の奥歯がありません。そうすると、前歯だけでは噛み合わせの高さを確保するには力不足になり、入れ歯の入るスペースがだんだんと低くなって来ます。この場合も右下の隙はわずか1ミリ。そこにご自身の上の歯が噛んできますので、プラスチックではすぐに割れてしまいます。そこで金属の部品を幾つか作ってハンダ付けしてみました(体に無害な材料です)。

続きを読む

2017.01.27

往診

明日、明後日と往診を予定しています。どちらも入れ歯の患者さんです。入れ歯の場合、その方にあった歯並びをイメージするのが難しいですね。もちろん歯ぐきに密着するのが前提なのですが、それぞれが独立したものではなく、お互いに関係しているものですので、せっかく良いフィットが得られたのに、時間とともに変化してしまうことがあります。

続きを読む

2017.01.15

電動歯ブラシ対決、ブラウンvsフィリップス

電動歯ブラシは、重いというイメージがあると思いますが、最近のものはそうでもありません。ブラウン、フィリップス共に140gほどですので、使い勝手は変わりません。歯に当てたフィーリングはかなり違います。ブラウンは回転運動です。高速で反転するブラシが歯の表面を磨いて行きます。歯と歯ぐきの境目を磨くには、毛先を斜めに当ててやる必要があります。この作業が少し難しいでしょう。対してフィリップスは超音波で歯をきれいにします。眼鏡店の店頭にある機械をイメージして下さい。歯の汚れを浮かせて取るのです。したがって、その振動は独特で、慣れが必要です。毛先を歯と歯の間や、歯と歯ぐきとの境目に入れなければならないのは、ブラウンと同じです。手磨きと比べてどうか。両者とも規定の3分を磨けば、ほとんど磨き残しはありません。確実に手で磨くより能率がいいでしょう。上位機種なら力をかけすぎると、ストップする機能も付いています。価格はそれなりにします。最上位機種は二万五千円ほどです。何より高いと思うのは替えブラシです。安い互換品もありますが、品質が落ちます。しかし普通の歯ブラシも、性能を維持するには、二週間くらいで替えることが望ましいのですから、コストとしては同じぐらいかと思います。

 

続きを読む

2017.01.12

矯正歯科との連携

患者さんを紹介する前に、矯正歯科の先生に歯の模型の写真とレントゲンを送ります。何らかの提案を頂ければ、その分スムースに説明ができるかなと考えています。

続きを読む

2016.12.24

新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

続きを読む