2017.02.02

薄い入れ歯に対する配慮

この方は、右下の奥歯と左上の奥歯がありません。そうすると、前歯だけでは噛み合わせの高さを確保するには力不足になり、入れ歯の入るスペースがだんだんと低くなって来ます。この場合も右下の隙はわずか1ミリ。そこにご自身の上の歯が噛んできますので、プラスチックではすぐに割れてしまいます。そこで金属の部品を幾つか作ってハンダ付けしてみました(体に無害な材料です)。

続きを読む

2017.01.27

往診

明日、明後日と往診を予定しています。どちらも入れ歯の患者さんです。入れ歯の場合、その方にあった歯並びをイメージするのが難しいですね。もちろん歯ぐきに密着するのが前提なのですが、それぞれが独立したものではなく、お互いに関係しているものですので、せっかく良いフィットが得られたのに、時間とともに変化してしまうことがあります。

続きを読む

2017.01.15

電動歯ブラシ対決、ブラウンvsフィリップス

電動歯ブラシは、重いというイメージがあると思いますが、最近のものはそうでもありません。ブラウン、フィリップス共に140gほどですので、使い勝手は変わりません。歯に当てたフィーリングはかなり違います。ブラウンは回転運動です。高速で反転するブラシが歯の表面を磨いて行きます。歯と歯ぐきの境目を磨くには、毛先を斜めに当ててやる必要があります。この作業が少し難しいでしょう。対してフィリップスは超音波で歯をきれいにします。眼鏡店の店頭にある機械をイメージして下さい。歯の汚れを浮かせて取るのです。したがって、その振動は独特で、慣れが必要です。毛先を歯と歯の間や、歯と歯ぐきとの境目に入れなければならないのは、ブラウンと同じです。手磨きと比べてどうか。両者とも規定の3分を磨けば、ほとんど磨き残しはありません。確実に手で磨くより能率がいいでしょう。上位機種なら力をかけすぎると、ストップする機能も付いています。価格はそれなりにします。最上位機種は二万五千円ほどです。何より高いと思うのは替えブラシです。安い互換品もありますが、品質が落ちます。しかし普通の歯ブラシも、性能を維持するには、二週間くらいで替えることが望ましいのですから、コストとしては同じぐらいかと思います。

 

続きを読む

2017.01.12

矯正歯科との連携

患者さんを紹介する前に、矯正歯科の先生に歯の模型の写真とレントゲンを送ります。何らかの提案を頂ければ、その分スムースに説明ができるかなと考えています。

続きを読む

2016.12.24

新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

続きを読む

2016.12.15

3Mダイレクトクラウン

光を当てて固めると非常に硬くなります。私はこれで保険適用の歯を自分で作っています。金属の歯に比べて、利点は次の通りです。

  1. 見た目がいい。
  2. アレルギーの心配が少ない。
  3. 調整が簡単。

欠点もあります。金属に比べると強度は落ちます。しかし調整のし易さのため、比較的楽に口の中の機能を邪魔しない形にできるので、トータルとして強いものにできます。

続きを読む

2016.12.06

超音波歯ブラシ

フィリップスの製品です。昔の超音波歯ブラシは、大きくて重いものでしたが、かなり改良されて来ました。軽いとは言えませんが、女性でも問題ないでしょう。ブラウンなどの電動歯ブラシと比べると一長一短がありますが、手磨きに比べると短時間で、歯がつるつるになります。

続きを読む

2016.10.27

10月28日の入れ歯の途中経過

患者さんの口の中で採った型に、石膏を流し込んで模型を作ります。その上に取り外しの出来るプレートを密着させ、光で硬化させます。このプレートは将来の入れ歯と同じ大きさです。ワックスで人工の歯をくっつけ、口の中に入れ、適合や残っている歯との調和を見ます。このケースでは、噛み合わせを挙げる必要があったため、二回その作業を行って微調整をしました。その後、入れ歯を口の中で安定させる為に歯に引っ掛けるバネ(クラスプ)を私は自分で作ります。こうすると非常に高精度になり、セットの日が楽しみになります。今回は中央の歯が変わった形をしており、通常のものとは違うタイプのバネにしたのですがどうでしょうか。

続きを読む

2016.10.16

デンタルフロスには効果がない?

アメリカ政府が、白書の中で、デンタルフロスが虫歯や歯周病を防ぐという科学的根拠はないと発表しました。日本の歯科医学界はどう対応していくのでしょうか。私はその発表に半分はうなずけます。歯と歯と間の虫歯は、歯に入ったひびから始まることが多く、ひびの中の細菌に対しては、フロスは無力なのです。歯にかかる無理な力を制御することが重要で、それは歯周病にも言えることです。しかし、歯の間に残る食べ物は、時間が経つと口臭の大きな原因になります。それを取り除く有効な方法はやはりフロスです。ですから今使われている方は、やめる必要はありません。

続きを読む

2016.09.14

9月14日今日作った入れ歯

上の前歯、5本連続したブリッジが取れてしまった患者さんです。歯が途中で折れています。この方は奥歯の噛み合わせが不安定なので、同じものを入れるのは難しいでしょう。一週間、取れたブリッジを入れてもらって、入れ歯を作りました。技工士さんが作るものより弱いのですが、工程がシンプルなので非常に正確です。今はカーボンファイバーなどの補強材があるので、なんとか乗り切れるでしょう。これを使いながら、奥の噛み合わせを改善して行きます。

続きを読む